住宅/インテリア/文具/映画/ライフハックなど雑記ブログに近いものの、様々な有益情報を提供するメディアを目指しています




フランス

1933 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild

p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋

1933 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild —— 63,000円

フランス

1934 シャトーラトゥール リラベル 750ml Ch.Latour

1934 Latour 91pt. Drink 2000-2010 From what is considered to be the finest vintage of a disappointing decade, Latour's 1934 possesses a deep garnet color in addition to a smoky, mineral, sweet, cedary-scented nose with hints of tobacco, iron, asphalt, and a Provencal garrigue note. Ripe and long, with moderate tannin and admirable sweetness, the 1934 was showing exceptionally well. It appears capable of lasting for another decade. Wine Advocate #129 Jun 2000

1934 シャトーラトゥール リラベル 750ml Ch.Latour —— 99,000円

フランス

1937 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux

1937 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux —— 79,800円

フランス

1937 シャトームートンロートシルト 750ml Ch.Mouton Rothschild

Four notes: a swingeingly acidic bottle in 1972, an oxidised bottle at Flatt's Mouton tasting in 1986, a sweet, pretty good magnum in 1988, and a jeroboam, ullaged mid-shoulder, with a slightly sickly medicinal nose, "iron and oyster shells" , full of fruit but with a bitter finish. The best feauture is its colour. (THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK by Michael Broadbent)

1937 シャトームートンロートシルト 750ml Ch.Mouton Rothschild —— 163,000円

フランス

1937 シャトーラトゥール リラベル 750ml Ch.Latour

"Not so hot" but "had bite" in 1955, tired yet tannic a decade later, and a "good but astringent" note in 1966. Of II tasted, only two have been brown and oxidised, but I have never liked the wine. The occasional richness of fruit never compensates for its tartness and astingency. (THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK by Michael Broadbent)

1937 シャトーラトゥール リラベル 750ml Ch.Latour —— 95,000円

フランス

1937 シャトーラフィットロートシルト 750ml Ch.Lafite Rothschild

First noted - a string of tired magnums - at Heublein pre-sale tastings in 1974 and 1975. Two recorked magnums in 1987 and 1988 differed, one, definitely recorked at the chateau, was delicious: an attractive cigar box bouquet, lovely long flavour, 'ivy and old lace' , somewhat attenuated. Three recent bottles, one stringy and ungracious, one ullaged mid-shoulder predictably mushroomy and raw, and a well-nigh perfect bottle, top-shoulder, pale but warm colour; sweet, ripe, cedary bouquet; fairly sweet on palate, but with Lafite selicacy. Delicious. (THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK by Michael Broadbent)

1937 シャトーラフィットロートシルト 750ml Ch.Lafite Rothschild —— 139,000円

フランス

1939 シャトーオーブリオン 750mlCh. Haut Brion

1939 シャトーオーブリオン 750mlCh. Haut Brion —— 59,000円

フランス

1943 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild

ボルドー 赤 1943年 ★★★ 戦時中のヴィンテージでは最も成功した年。その最上のワインはまだおいしく飲める。50以上の記録があるが、最近のものはない。 (ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベント著 柴田書店) p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋

1943 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild —— 119,000円

フランス

1945 シャトームートンロートシルト 1945 Chateau Mouton Rothschild第二次世界大戦勝利記念Year of Victory

1945 シャトームートンロートシルト 1945 Chateau Mouton Rothschild第二次世界大戦勝利記念Year of Victory —— 439,800円

フランス

1945 シャトーラフィットロートシルト ラベルなし Ch.Lafite Rothschild no label

p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋

1945 シャトーラフィットロートシルト ラベルなし Ch.Lafite Rothschild no label —— 176,200円

フランス

1948 シャトーオーブリオン 750ml Ch.Haut Brion

1948 Haut Brion 75pt. Drink N/A-1997 The 1948 (last tasted 3/97), from a private cold cellar in Bordeaux, was attenuated, muddled and extremely disjointed and unimpressive.Bordeaux Book, 3rd Edition Jan 1998 完璧なマグナムについて:リッチ、良く熟成。甘く調和がとれている。やや潤いを失っているが、素敵な風味と重みがある。最後の試飲は2001年3月。最上で★★★★ (ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベント著 柴田書店)

1948 シャトーオーブリオン 750ml Ch.Haut Brion —— 119,000円

フランス

1949 シャトーラフィットロートシルト 750ml ラベル破損 Ch.Lafite Rothschild 750ml

1949 シャトーラフィットロートシルト 750ml ラベル破損 Ch.Lafite Rothschild 750ml —— 139,000円

フランス

1950 シャトーオーブリオン 750ml Ch.Haut Brion

1950 シャトーオーブリオン 750ml Ch.Haut Brion —— 75,000円

フランス

1950 シャトーマルゴー 750ml Ch.Margaux

1950 シャトーマルゴー 750ml Ch.Margaux —— 91,000円

フランス

1950 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour

p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Latour ここで生産されるワインは偉大なヴィンテージはもとより、凡庸、貧弱なヴィンテージでも一貫した秀逸さを持つ、非の打ちどころのない例である。そのため、昔から多くの人がラトゥールをメドック最上のワインと考えてきた。 (中略) ともあれ、ラトゥールは今でも世界で最も凝縮感のある、リッチで、タニックな、フルボディのワインのひとつである。飲み頃になると、人の心をつかんで離さないブーケが生のクルミやなめし革、ブラックカラント、砂利のようなミネラルの香りを思わせるようになる。口に含んだときに別格の豊かさを感じられることはあっても、決して重いものになることはない。 「世界の極上ワイン」 ロバート・パーカー著 河出書房新社 より抜粋

1950 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour —— 111,000円

フランス

1950 シャトーラトゥール リコルク 750ml Ch.Latour

1950 シャトーラトゥール リコルク 750ml Ch.Latour —— 111,000円

フランス

1950 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild

▼キャップシール破損あり 1950 Lafite-Rothschild 92pt. Drink データなし (Magnum) Last Tasted 10/92This can be celestial wine, but this particular magnum was lacking the penetrating fragrance the 1950 Lafite can possess. While this wine was rich and full, there was a tightness to the nose and more compactness on the palate, as well as less perfume than usual. Nevertheless, it was an outstanding wine by any standards.Wine Advocate #84 Dec 1992 p{font-size:12px; line-height:20px; } Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋

1950 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild —— 99,000円

フランス

1952 シャトーオーブリオン 750ml Ch.Haut Brion

シャトー・オー・ブリオン 1952 見事に生き延びた'52年物のひとつ。かすかにチョコレートと大地を感じさせる特徴的なブーケがよく開花する。柑橘系の果実味といい風味があるが、タンニンも強い。それはずっと続くだろうと思えた。最後の記録は2000年6月。★★★★ (ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベント著 柴田書店)

1952 シャトーオーブリオン 750ml Ch.Haut Brion —— 71,000円

フランス

1952 シャトーペトリュス Ch.Petrus

シャトー・ペトリュス 1952 ペトリュスらしい深い色。きめが細かく、力強さと肉づきが合体している。その甘さと高いアルコール度は、持続しているタンニンを覆う。最後の試飲は2000年4月。最上で★★★★★ (ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベント著 柴田書店)

1952 シャトーペトリュス Ch.Petrus —— 159,000円

フランス

1952 シャトーマルゴー 750ml Ch.Margaux

シャトー・マルゴー 1952 最初はタンニンが厳しかった、いまだに収斂性を持つ渋み。しかし、いい風味のおかげで甘く爽やか。最後の記録は2000年11月。★★ (ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベント著 柴田書店)

1952 シャトーマルゴー 750ml Ch.Margaux —— 107,000円

フランス

1952 シャトーマルゴー 750ml Ch.Margaux

シャトー・マルゴー 1952 最初はタンニンが厳しかった、いまだに収斂性を持つ渋み。しかし、いい風味のおかげで甘く爽やか。最後の記録は2000年11月。★★ (ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベント著 柴田書店)

1952 シャトーマルゴー 750ml Ch.Margaux —— 107,000円

フランス

1952 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux

シャトー・マルゴー 1952 最初はタンニンが厳しかった、いまだに収斂性を持つ渋み。しかし、いい風味のおかげで甘く爽やか。最後の記録は2000年11月。★★ (ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベント著 柴田書店)

1952 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux —— 107,000円

フランス

1952 シャトームートンロートシルト 750ml 自社輸入航空便 Ch.Mouton Rothschild ラベル破れあり

1952 Mouton-Rothschild 87pt. Drink 1992-2002 While attractive, the sweet, spicy, gingery nose lacks ripeness of fruit. In the mouth, this wine exhibits structured, firm, medium-bodied flavors, good depth, but tough tannins and relatively high acidity in the finish. Although there is plenty of character, the wine finishes with a lean, rustic feel. Owners of the 1952 Mouton-Rothschild can easily cellar it for another ten or more years, but I doubt whether any more joy will emerge. Wine Advocate #84 Dec 1992

1952 シャトームートンロートシルト 750ml 自社輸入航空便 Ch.Mouton Rothschild ラベル破れあり —— 91,000円

フランス

1952 シャトーラトゥール 750ml Ch.Latour

1952 シャトーラトゥール 750ml Ch.Latour —— 79,000円